採れたて新鮮素材の農家レストランに行ってみよう

最近では6次産業という言葉をよく耳にします。1次産業である農業だけを営むのではなく、2次産業である加工や3次産業である販売・サービスまでを一体的に運営していく経営形態のことです。1+2+3=6で、6次産業というわけですね。これは単に生産だけをしている農家が経営的に苦しいという事情などもあって生まれた手法ですが、そんななかで注目を集めているのが農家レストランという形態です。

その名のとおり、農家レストランは農家が営むレストランだと思ってください。厳密には直営ではないことも多いようですが、いずれにせよ農家が栽培した食材をそのまま素材として料理を作っています。フードマイレージの考え方でいえば、限りなくゼロマイレージに近い手法であり、流通の過程で発生するさまざまなコストを軽減できるというメリットがあります。加えて魅力的なのが、つい先程まで畑にあった野菜などが新鮮なまま味わえるという点です。

一方で、農家レストランは農地のそばに立地していることが多いので、都会に住んでいる人にとってはちょっと不便に感じられるかもしれません。休日でもなければなかなか行けない場所も多いです。しかし、その分、普段は味わえない周囲の風景も楽しめます。美味しい料理の味はもちろん、周囲の風情も楽しんでみるのもお薦めです。


エンゲージリングの相場を知るなら「BRILLIANCE」

http://www.brilliance.co.jp/engagement/select/standard_price.html婚約指輪は女性にとっては、愛の証として男性が女性に贈る特別なリング。かつては給料の3か月分と言われていましたが、これは宝飾店のキャッチコピー!値段ではなく、愛する人に贈る上質な指輪であることが今は重視されてます。
しかし、男性からすると一体どれくらいが婚約指輪の相場なのか知りたいですよね。

今日は、婚約指輪の相場が分かるサイトをご紹介します。
brilliance.co.jp
このサイトでは、「ゼクシィ結婚トレンド調査」によると婚約指輪の平均購入額は37.4万円だったと言っています。
月給が30万だとすると、1か月ちょっとの値段ですね。これは一般の小売店での購入平均相場なので、婚約指輪には、流通コストやプロモーションコストなどが含まれています。

ネットオーダーメイドの指輪サイト「ブリリアンス+」では、ネットに特化しているため流通コストを削減。
クオリティが同じ指輪であれば、小売店の半額の価格で販売を行っています。そのためブリリアンスの平均価格は18.1万円に。

ブリリアンス+では5万円から購入できる指輪を取り揃えています。ダイヤモンドの品質は予算・ニーズに合わせて多様なデザインから選ぶことができますので詳しくはWebページを見てみましょう!
一生に一度の大きな買い物だからこそ、2人にとって価値がある特別なリングを選んでください。